主にWCCFなどのオリカの展示、トレードなど・・・
2011/03«│ 2011/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/05
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:37:01


ozil_convert_20110428205358.png

今回はオリカ作成の話。
みなさんから、オリカの作り方が知りたいというコメントをちょくちょくもらいます。
なので、簡単に書いてみようと思います。
詳しい作り方などは今後やるかもしれません^_^;

まずさっそく先頭に張り付けたエジルのオリカ。
これはいわゆるレギュラー、スペシャルという枠ですね。
この作り方は簡単なので省きます。

みなさんが知りたいのはたぶんMVPのような複雑な枠だと思います。
その前に、オリカを作る際に必要なソフトを用意します。
windows標準装備のペイントソフトで作ってしまう強者もいますが、
そこまで器用じゃないので、高性能なソフトを使用しています。
といっても有料のソフトは使いません。無料ソフトでできます。
(有料のフォトショップなどを使っている人は、もちろんそっちを使ったほうがいいと思いますが)

前置きが長くなりましたが、使っているソフトは2つです。
①GIMP
②Photoscape
です。
GIMPは有名なので、知ってる人も多いと思います。
無料のくせにかなりできるソフトです。
これで十分作れるんですが、個人的に文字を入れる作業などは
Photoscapeというソフトを使ってます。
自分がGIMPを使いこなせていないだけだと思いますが、
文字入れ作業がなんか面倒なのでPhotoscapeを使ってます。
とにかく「文字入れ、文字作成」が楽です。
使っているソフトの説明は以上です。

次は、画像についてです。
まずカードを作る大きさですが、
カード画像はなるべく大きめにつくった方がいいように思います。
その分、大きい選手画像を探すのが大変ですが・・・。
あまり小さいサイズで作ると、印刷なんかする場合、綺麗にならないように感じてます。
この辺は自分のこだわりみたいなものなのでマネしなくてもいいです。
参考までに、自分はカード画像を705×1000の大きさで作ってます。

それと画像を保存する際は、形式をjpegではなくpngにすることをおススメします。
枠を作るときは透明部分があるのでpngにすると思いますが、
選手画像を保存したりする際もpngがいいです。
サイズはjpegより大きくなりますが、画像が劣化しないので綺麗なままです。
jpegとかpngって何?っていう人はググってみてください。

次はようやく作成の本題です。
オリカを作る際に必要不可欠なことは、レイヤーという概念です。
これも知ってると思いますが、一応・・・。
例えばMVP枠ですが、これを作る場合
レイヤーは5つ使ってます。選手の画像を入れるともっと増えます。

選手の画像は、元の画像・背景を消した選手だけの画像が必要ですね。
背景を消す作業は本当に面倒ですが、枠を一回作ってしまえば
枠を作る必要はほとんどないので、「背景を消す作業が終わる=オリカ完成」
といっても過言ではありません。

なんか話が長くなってきたので今回はこの辺で。
今後イラスト入りで説明なんかしていけたらいいな~て思ってます。















スポンサーサイト
近況状況
現在のオリカトレード状況 ・ ・ ・ トレード再開・要相談 ・・・
近況コメント (2013/11/13 up)
Finetoday


プロフィール

しんちゃん

Author:しんちゃん
色々オリカを作成中・・・
まだまだ修行中の身ですが
トレードなんかも随時募集してます。
今後はWCCFだけでなく
幅広くカードを作成していけたらいいな~

カードのトレードなどは
下記のアドレスまでどうぞ!
※必ず「トレードについて」
という記事を全てよんでくださいね
hayashin0623@gmail.com

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

レジェンド
歯科医院向けの開業税理士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。