主にWCCFなどのオリカの展示、トレードなど・・・
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:58:16
最近ネタがないので、キラカードの作り方でも紹介してみようと思う。
このブログを見てくれている人たちは、どちらかと言うとカード画像を見るというより
作り方とかの方が興味あるだろうし、そもそもがオリカの作り方という検索でここを
見ている人が多いように思うので。
結構前にカード画像の作り方については書いたことがあるけど、
カード自体の作り方はまだ書いたことなかったんでちょうどいいかなと。
まあ、カードの作り方を知りたいというメールをいただいてることは事実です。
正直言うと僕のやり方はあまり参考にならないだろうけど、こんなやり方もあるよという
一例で。
キラオリカの作り方で検索すれば上手い人達の素晴らしいブログなどがみられると思うので
色々研究してみて、自分に一番合うやり方がいいんじゃないかな。

長い前置きはこの辺にして・・・

さっそく作り方ですが、
まず、ほとんどの人はOHPシートなる透明のシートに画像を印刷しています。
僕もそうでした。
・・・が、今はOHPシートは使ってません。
いや、正確に言うと使えない状況なんです。
最近プリンターを買い替えまして、それでこの方法が使えなくなりました・・・
前まではキャノンのプリンターを使ってたんですが、このたびエプソンに買い替えました。
そしたらなんと、OHP用紙に印刷できないではないですか!!
プリンターのせいなのかなんなのかよくわかってないんですが
なぜか印刷すると「にじむ」んです。
にじみすぎて話にならないんですよ。
何か設定がおかしいのかなんなのか・・・。
でもそこでカード作りをあきらめるわけにはいかないので・・・
ましてやプリンターを買い替えるなんてこともできないので・・・

用紙を変えることにしました。
その名も「クリアラベル」です。
OHPシートのように透明なんですが、裏面がシールになってます・・・。
裏面がシールということでかなりのハンデがあります。
裏面が粘着質なんで白塗りが難しいんです。それについてはまた後程。

まずA4サイズのクリアラベルを4分の1に切り分けます。
そうするとサイズはだいたいハガキと同じサイズになります。
作ったカード画像を横に2つ並べて、このハガキサイズのクリアラベルに印刷します。
下の画像はハガキサイズに2つの画像を印刷して、さらに半分に切り分けたものです




こんな感じです。

そして、
裏面の紙をはがして、シールの粘着面を上にして置きます。


DSC01992_convert_20131107095424.jpg

そしてここからがもっとも重要で、もっとも難しい作業となります。
そう、恐怖の「白塗り」です。

DSC01993_convert_20131108193712.jpg

ちなみに僕の場合は、水性の白ペン「ポスカ」を使用してます。

先ほども書きましたが、ここでハンデがあるんです。
まず「白塗り」というのは、キラカードの光らせたくない部分(人物や枠の部分など)を
白色で塗るという作業です。
なので、塗った部分は光らず、塗らなかった部分はキラキラ光ります。

OHPシートであれば、もしはみ出して塗ってしまった場合でも削ることができます。
また、細かい部分はわざとはみだして塗り、細い針で削るという技が使えます。

しかし!!
クリアラベルは白塗りをする部分がシールなので塗ったあとに削ると汚くなるし
そもそも粘着面なんでインクがくっついて削れません。
だから一発勝負なんです!
ミスったら終わりです。最初からやり直し・・・・。
そういうわけでかなりのハンデなんです。
しかも油性のペンだとなんかくっついてうまく塗れないんですよ。
もう仕方ないけど水性のペンで塗るしかありません。
水性のペンだと上手く塗れるけど、乾くとひび割れを起こして汚くなる・・・
踏んだり蹴ったりとはこのこと。
まあそれでもこのシートで作るしか道はないのです。
なんとか綺麗に、なるべくひび割れが目立たないように丁寧に丁寧に塗ります。
(メリットはシールなのでキラキラシートに貼りやすいってことだけかな~(笑))

とりあえず頑張って丁寧にぬります。

DSC01994_convert_20131108193742.jpg

こんな感じになりました。
結構上手くいってます。

白塗りが終わったら、キラキラのシートに貼りつけます。
ここも空気が入らないように丁寧に。

これで終わりでもいいんですが、表面印刷部分が擦れたりして消えたら嫌なので
ラミネートシールを上に貼ってます。
ラミネートシールは100均に売ってますので探してみてください。

DSC01995_convert_20131108193818.jpg

全て貼り終わったところです。

あとは周りの部分を切り取って出来上がりです。
出来上がったカードはスリーブに入れて、ハードケースに入れると結構かっこよくみえますのでオススメです。

DSC01996_convert_20131108193844.jpg

最後に一言。
本物と同じように作ろうと思わないこと。
これにこだわるとハマります。
上手くいかなくてイライラします。カードを作る事が嫌になってしまうかもしれません。
決して適当に作っていいと言ってるわけではないです。
業者が使うような何百万もする機械があるわけでもないし、限界があります。
自分の持っている道具で最大限できる限りのことをすればいいと思います。
そもそもこれはオリカです。
自分のオリジナルカードなんです。
自分なりにかっこよく見えるように工夫して作ってみるといいんじゃないですかね。

それと白塗りですが最初はうまくいきません。
僕自身も最初のころはヒドイもんでした。
作り終わったカードを見てショックでしたよ(笑)
でも何十枚も、何百枚も作ってくるとだんだん上手くなっていきます。
当たり前の事なんですけどね。
余裕がある人は、とにかくたくさん作ってみる!
これが大事です。

あっ、一言じゃなかった・・・(;・∀・)




以上でキラカードの作り方を終わります。
いかがでしたでしょうか。
少しでも参考になれば幸いです。








スポンサーサイト
21:36:16
今回は図を入れて説明します。
なお、GIMPなどのソフトの使い方は自分で調べてみてください。
ネットで調べれば簡単にわかると思います。

(注)図で透明の部分はわかりやすくするため灰色で塗ってあります。
  勘違いして灰色で塗らないようにお願いします。


それではさっそくですが、
基本中の基本
使いたい選手画像を用意します。


今回はこのベッカムを使います。

20090509-0000ihsocc-view-00_convert_20110502204428.png
背景を綺麗に消します。今回バックが黒くなってますが、透明です。
この、背景を透明にした画像と元の画像両方使います。
補足ですが「透明」という認識はping形式でないとダメです。


次に、本題である枠の作成です。
枠は5つに分けて作成します。
これから作成する5つの枠を一気に紹介します。

背景の色
wmvp09-10wakuha_convert_20110502204704.png

集中線
syuutyukku_convert_20110502204510.png

模様
wmvp09-1xx0_convert_20110502204640.png

パラメーター欄
wmvp09-1ddd0_2_convert_20110502204529.png

外枠
0910reawxxaku10_convert_20110502204408.png

枠は以上です。(大きさはすべて705×1000)
これはあくまでも1つの例ですので
自分のやりやすいようにやってください。


まず、一番下に大きさ705×1000の透明なレイヤーを置きます。
その上に選手画像(背景を消してない)を置き、大きさを合わせます。
さらにその上に①の枠を置きます。
①の枠は、不透明度というのを40%くらいに設定します。
要するに、半分くらい透明にするという事です。
そのままで使用すると背景が濃すぎて変だからです。
こんな感じです。

1_convert_20110502203947.png

②の集中線を重ねます。
これもそのまま使用すると濃すぎて後ろが見えないし、変なので
これは不透明度を25%くらに設定します。かなり薄いですがそれでOKです。

2_convert_20110502204020.png

③を重ねます

3_convert_20110502204044.png

背景を消した選手画像を重ねます。
必ず背景と同じ大きさにしてください。
大きさを一緒にしないと後ろの選手画像とズレて変になります。
しっかり重ねるとこうなります。後ろに選手画像があることに気づきませんね。

4_convert_20110502204138.png

更に選手画像を2つ重ねて、それぞれの不透明度を40%・20%くらいにして
少しズラします。
そうすると、「ブレ」が表現できます。

5_convert_20110502204204.png

④のパラメーター欄を重ねます

6_convert_20110502204225.png

⑤の外枠とロゴを重ねます。

7_convert_20110502204247.png

最後に、文字などを入れて完成です。

8_convert_20110502204314.png

みなさんも是非、試行錯誤しながら作ってみてください。
慣れるとかなり簡単です。

それでは!




近況状況
現在のオリカトレード状況 ・ ・ ・ トレード再開・要相談 ・・・
近況コメント (2013/11/13 up)
Finetoday


プロフィール

しんちゃん

Author:しんちゃん
色々オリカを作成中・・・
まだまだ修行中の身ですが
トレードなんかも随時募集してます。
今後はWCCFだけでなく
幅広くカードを作成していけたらいいな~

カードのトレードなどは
下記のアドレスまでどうぞ!
※必ず「トレードについて」
という記事を全てよんでくださいね
hayashin0623@gmail.com

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

レジェンド
歯科医院向けの開業税理士
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。